絵本は、子供のためだけでなく、大人も楽しめて、心を癒すことが出来るものです。

短い文と(耳から)、心地よい絵(目から)。
絵本は、この組み合わせによって、頭ではなく、心に働きかけてくるものがあり、
そこに心地よさを感じ、癒されるようです。

そして、読んだ方が、ご自分の何かに(問題点などに)気付き
自ら解決していくこともあります。絵本は、決しておしつけでなく、
人にそっと寄り添うような存在なのです。

そんな絵本を通じて、あなたの心に少しでも、癒しがもたらされたら
幸いです。


■ブログ 絵本といっしょに・ほんわか・ほっこり■

 

 

絵本セラピスト協会にリンク