絵本でこころをチャージ
あさみ笑子のHOMEへ プロフィール 笑子の絵本 コラボ作品 笑子のブログ絵本サロンにリンク。笑子のブログお問い合わせ

ごとっちさんへ

 

風景画の贈り物

ここにひとつの風景画があります。
この絵をずーっと見つめているあなたは、スーッと絵の中に吸い込まれてしまいます。

さあ、ここは空気のすんだ静かな自然の中です。

目の前に大きな木があります。

黄緑色の新緑に太陽の光が差し込み、そよ風にゆらゆらと揺れています。


そよ風に揺れる葉の音が聞こえますか?


新しい緑は、これから新しい何かが始まる希望を感じさせてくれます。

小鳥が、軽やかに木の周りをとびかっています。

耳をすましてみてください。小鳥のさえずりが聞こえてきますか?


音楽は癒しです。気持ちがスーッと軽くなります。

今度は、木の下の方に目をやってみましょう。何が見えますか?
大きい木の下には、大きい影があります。 あるものに光が当たると必ず影ができます。 もし、「今」、あなたが辛いと感じていることがあったなら・・・
あなたは、この影だけを見ていませんか?
こんな素晴らしい風景画の中の影だけを・・・
大きい影の上には、大きく太陽に照らされている部分があるのです。
それを探してみませんか?

今度は、上を向いて見て下さい。

透き通るような青い空ですね。   
フワフワと浮かぶ白い雲が、 ゆっくり、ゆっくり動いています。

高いところから、ゆっくり、ゆっくり、地上の様子をながめています。
「私たちのように、力をぬいて、ゆっくりするのもいいよ」と語りかけているようです。

今度は、木の近くに行って、葉っぱを何枚か失礼してみましょう。

同じ形をしていますが、重ねてみてください。ひとつとしてぴったりと形が重なることはありません。もし、全部がぴったり合えばそれは人工物です。自然には決して同じものはないのです。

私たち、「人」と同じですね。似ている人はいますが、自分とまったく同じ人はいないのです。

大きな木の両端に、綺麗なお花畑が続いています。 

じゅうたんのようですね。
では、この絵から、お花畑を除いてみて下さい。  

どうですか?
はなやかさ、明るさ、暖かさがスーッとぬけてしまいませんか?
お花畑は私たちにとって愛・笑顔・暖かい心です。

後ろにどっしりとした山があります。

不動を感じます。表面は、春夏秋冬と休まず景色をかえていきます。
しかし、山の形は不動です。どっしりとかまえていていいのです。

そして最後に・・・
一番大切なもの。
それのおかげですべてが光輝き、息づいているもの。
何でしょう?
それは「太陽」です。
太陽がなかったら、この世は闇になってしまいます。
太陽は、すべての人々・物を明るく照らしてくれます。
私たちひとりひとりの心の中に、その太陽が存在するのです。
雲によって見えない時も、太陽は雲の上で輝いています。・・・

そんなあなたの太陽を、自分だけでなく、「いつもありがとう!!」と思ってくれている人がたくさんいることを忘れないで下さい。

 

私はあなたの心に、
この一枚の風景画をお贈りします。