絵本でこころをチャージ
あさみ笑子のHOMEへ プロフィール 笑子の絵本 コラボ作品笑子のブログ みんなでつくる絵本 笑子のブログお問い合わせ

 

ピカピカおなべ

今日は おなべで何作ろう

そうだ! あれを作ろうかな?

だしは何からとろうかな?・・・

すまして作れば すましだし

怒って作れば 怒りだし

笑って作れば 笑いだし

あくが出てきて すくいだし?

生だと苦いにんじん・じゃがいも

涙が出そうなたまねぎも

おなべに入れて グツグツグツ・ワ~イワイ

あま~いお味に変身チュー!

 

強火で グツグツ   中火で グツグツ 

時には とろ火でトロトロトロ

味付け 愛情 あふれてるぅ~

 

出来たらだれと食べよかな

出来たらだれにあげよかな

もりつけステキに ハイ!できた!

食べた後にはおかたずけ

おなべもきれいに ピッカピカ

さぁ~また明日

ピカピカなべで 何作る?

【大人の文】

 

誰でも同じ一日(24時間)という大きさの「おなべ」を与えられているとします。

そしたら一日は、「おなべ」という単なる器でしかありません。

その器の中で、どんなことを感じ、どんなことを思うのか、それを心の栄養として私たちの心は成長していきます。

この「おなべ」(一日という器)を使って何をどんな風に作るか、誰と食べ誰と分かち合うか、それが大切だと思います。

 

 

どんな情報が入ってきても、自分次第で好みのものが作れます。 マイナスの感情(あく)が浮かべば、すくい出してしまえばいいのです。

そして、いろんなことに、いろんな人に、愛情(味付け)をそそいで感謝する。

心の炎は、強火になったり、中火になったり、とろ火になったり自然に任せて。

常に機嫌よく過ごせるように心がければ、「おなべ」の中身も美味しくなります。

 

今日一日、一生懸命してきたことに「はい!できた!」と自分をほめて。

出来上がった美味しいお料理を、食べて、心の栄養にします。

いろんな人と分かち合い、共存できる喜びを感じることができます。

そして、睡眠は使った「おなべ」を洗う作業です。

一日の汚れをとり、また次の日を気持ち良く迎えるための準備です。

今日という日は、昨日の続きではありません。

朝起きたら、

「さぁ~、今日は、新しく洗われたピカピカおなべで何作ろう」と

ワクワクしませんか?