絵本でこころをチャージ
あさみ笑子のHOMEへ プロフィール 笑子の絵本 コラボ作品絵本サロンにリンク。笑子のブログ お問い合わせ
内容の一部紹介
第6章 自動販売機  :  【ボタンを押すのはあなたです】

画:Shinoki

自動販売機で120円を入れて、どのボタンを押すかは、あなたの考え次第です。

120円を入れるのは、誰でも同じです。

これを日々の出来事に例えてみましょう。同じ出来事が起こっても、どのボタンを押すかは、本人次第ということです。

120円=誰でも同じ=同じ出来事

 

つらい出来事が起こったとします。その出来事をどう受け止めるか、いろいろな考え方があります。そのいろいろな考え方が選択項目です。

 

いろんな考え方(選択項目)の中から、自分はこうするという考え方を選んでいるのです。

選んだ考え方に合ったことが、現実として出てくるのです。

 

いつも物事がよくなるようなボタンを押す人は、現実がどんどん良くなっていくので、つらい出来事があまり起こらなくなってきます。すると、その人の前に現れてくる自動販売機が変わってくるのです。

 

選択項目が、心が明るくなるような内容のものが多くなっている自動販売機になっています。


画:Shinoki