歩みの途中で思いついたこと:その3

 

私は、絵本作家になろうと決めてから、たくさんの方と出会い、たくさんのアドバイスを頂きながらここまできました。そして、それ以前から、自己啓発本や成功哲学本の著者の方の教えを読ませて頂きました。

 

特別個人的なメンター(指導者)がいてくれた訳ではなく、私の周りの人々と本の著者の方がメンターとなってくださったのです。

 

SSIの仲間とインストラクター、まるかんの仲間、正観さんの仲間、ミクシィの仲間、そしてそれらの仲間から出会えた仲間。たくさんの仲間から、その時々に貴重なアドバイスを頂けました。

 

そのアドバイスは、それぞれの人が書籍やメンターから学んだものであり、一人のアドバイスの陰には、多くの方の学びが隠されているのです。

 

そのことに気付いた時、実に多くの人が「幸せに生きていくための考え」を世に中に発信しているのだなーと思いました。そして、それを身につけた方々が、更に人々に伝えていく。それはまるで、水に落とされた小石によって輪をえがくように波紋が広がっていくようです。

 

現在は、メルマガやブログ等で、このような「幸せの小石」を発信していく方も増えています。人々は、これはいい情報だと自分で思うと、人に伝えていきます。

 

いい情報だなと思ったら、その情報をひとりじめせずに、多くの人に発信していく人が増えると、どんどん「幸せの小石」からの波紋が広がって幸せのハーモニーが出来ていくと思います。